エリア:近畿 / 申込締切:2019年05月26日

自主的にイキイキと働く!スタッフを変える院内改革アカデミー

NLPの技術を活用した、わずか30秒ほどのワークに取り組むだけで、その日のチームワークを、息がピッタリあったものに変えられます。 その30秒ワークとは「深呼吸」。 スタッフ全員で、深呼吸に取り組むのです。

 

これは、NLPの「ペーシング」という技術を応用したワークです。 スタッフ全員で深呼吸に取り組み「息を合わせる」作業が、 職場に一体感をもたらし、その日のチームワークを劇的に高めるのです。

 

また、渡辺先生が推奨する、この「呼吸を使ったペーシング」は、院長とスタッフのコミュニケーションでも、効果を発揮します。 たとえば、先生がスタッフへ何かの指示をするとき…。

 

先生は、意図的にスタッフの呼吸と、自分の呼吸を合わせるだけで、 相手は安心感、一体感を感じ、コミュニケーションが円滑に進みます。これは、相手が患者さんであっても同じ効果が得られます。

 

また、医院の理念、クレド(スタッフに徹底させる医院の指針)作りについても、渡辺先生のNLPを活用したノウハウに従えば? 見栄えが良いだけの活字が、スタッフの心を動かし、 行動を変える魔法の文章に変わります。

 

ノウハウの内容は、決して難しいものではありません。重要なのは効果的なやり方を知っているかどうかです。

 

■キャンセルについて
セミナーの前日までにキャンセルのご連絡をいただければ、受講料の半額を7日以内にご返金いたします。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

 

■最少催行人数について
最少催行人数の3名に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、予めご了承ください。
初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

エリア:近畿 / 申込締切:2019年05月12日

リンゴ丸かじり!総義歯革新アカデミー

私は、総義歯を使って食事をするには2つ条件があると思っています。1つめは必要条件である吸着です。当たり前です。外れると食事ができません。2つめはリハビリテーションの咀嚼訓練です。これが十分条件です。

 

義足と同じです。義足も外れると歩けません。そして歩行訓練が必須です。リハビリトレーニングをしないと転んで傷だらけです。でも義歯には、そもそもリハビリトレーニングという概念がありません。

 

なぜかデンティストが噛める義歯を提供し、咬ませるものと、古今東西、共通概念として決まっています。なので、デンティストは傷ができるたびに、せっかく作った義歯をあちこち削って形を変えてしまい、さらに傷だらけにしてしまいます。結末は・・・

 

「知行合一」臨床と学術の一致が唱えられて久しいですが、40年以上も前に体系づけられた総義歯学も、患者さんの前では歯がたちません。また、今日において基礎や理論は、数多の文献やセミナーでも出尽くした感があり、皆様も食傷気味だと思います。

 

「格物致知」21世紀の現在、30代と70代のデンティストが、総義歯臨床の方法を語り合えても、技術論となると侃侃諤諤の論戦となる。ただし、臨床結果において差異はないのが実状です。つまり、何も変わっていないのです。なぜでしょうか? それは総義歯治療の本質を捉えていないからだと思います。

 

私の総義歯アルゴリズムは、30年の臨床観察を通して経験知を積み上げ、それらを類推し獲得した経験則です。その手法は症例によって、ほとんど変わることはありません。ただし、あくまで帰納的思考法ですので科学的ではありません。

 

しかしながら、そもそも総義歯治療に科学的根拠を求めるのは難しいと思っています。数量化しにくい分野である上に、実際問題として、術者によって技術差があり、たとえ同一術者でも、症例によりバラツキがあるなど質の担保ができず、統計分析がしにくいからです。なので相変わらず、総義歯治療は経験、勘が物を言う職人的性格の強い分野のままです。

 

ところで、経験や勘=暗黙知、理論=形式知と言われています。総義歯に当てはめてみると、義歯製作テクニック=暗黙知。私が提唱するリハビリトレーニングメソッド=形式知です。

 

本セミナーでは基礎や理論の復習、確認はしません。今必要とされているのは、普遍的治療法です。皆様には、30年の臨床知のエッセンスであるアルゴリズムから、その核となる総義歯製作テクニックと独自開発したリハビリトレーニングメソッドを披露し、総義歯治療の本質を語りたいと思います。

 

セミナーでは暗黙知(経験や勘、コツ)については、限られた時間の中では体得できないものの、体感できるように下顎義歯吸着のための辺縁形成をデモで具体的にお見せします。加えて、オリジナル咬合採得、模型を咬合器へマウントしたときに、インサイザルピンの浮きをゼロもしくは最小限にするマウントテクニックや、スピーディな義歯装着テクニック等を解説したいと思います。

 

さらに、装着後の調整には痛みやびらん、潰瘍の発生を減少させて調整回数を減らす、オリジナルリハビリトレーニングメソッドを解説します。メソッドは形式知なので、すぐに理解していただけると思います。

 

少しでも多くの患者さんが、皆様によって救われる端緒になることを願い、精一杯お伝えしたいと思っております。ぜひ、ご参集ください。よろしくお願い申し上げます。

 

■キャンセルについて
セミナーの前日までにキャンセルのご連絡をいただければ、受講料の半額を7日以内にご返金いたします。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

 

■最少催行人数について
最少催行人数の3名に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、予めご了承ください。
初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

エリア:近畿 / 申込締切:2019年05月05日

顎成長不全・診断治療法アカデミー

歯列不正、顎関節症、咬合不全、呼吸不全。この4つは、多くの歯科医師が難しいと悩むケースです。特に、顎関節症に関しては、多くの患者さんが苦しんでおりますが、パーフェクトに対応できる歯科医院は、まだ多くありません。

 

実際、顎関節症に悩む患者さんの多くが、歯科医院を巡り巡っている状態です。今回の治療法を学べば、先生は、そんな患者さんたちを救ってあげられるのです。

 

また、歯列不正を改善しようと思えば、本来は、矯正専門医か矯正治療が得意なGPしか手だしできません。矯正の治療費用は高いため、治療を諦めるしかない患者さんもいらっしゃいます。

 

ですが、今回の新治療法があれば、スピーディに歯列不正を改善できるようになります。

 

ぜひ、この治療法を手に入れて、他のクリニックが敬遠する歯列不正、顎関節症、咬合不全、呼吸不全で、優れた結果をだしてみませんか? そして、腕の良さと優れた臨床結果で他院よりも注目され、選ばれるクリニックを目指しませんか?

 

■キャンセルについて
セミナーの前日までにキャンセルのご連絡をいただければ、受講料の半額を7日以内にご返金いたします。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

 

■最少催行人数について
最少催行人数の3名に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、予めご了承ください。
初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き
開催予定のセミナーはありません。

ページトップへ戻る