エリア:関東 / 申込締切:2019年05月19日

新型予防!口腔内科実践アカデミー

歯周病は感染と同時に老化・栄養素の欠損・貧血 ・肥満その他の全身疾患等の影響を受ける。そこで、これからの歯科医も医科同様、血液検査を読む必要がある。

 

生活習慣病のように長い潜伏期間がある病気は、未病のうちに歯科医が対処できる 血液検査の値を予防医学的に解析して、歯周病のケアと同時に、心身のコンディションも改善できる。

 

主に、未病、家系的弱点、栄養素の欠損を確認する。それにより、動的平衡理論では、心身の不調の75%は改善できる。また、血液検査をもとに、欠損栄養素を探すことで、エビデンスに基づいたサプリメントの提供ができる。

 

1.生活習慣病のような長い潜伏期間がある疾病を発症前の「未病」のうちに歯科医が確認して予防できる。

 

2.ヒトは100%食べたものでできているので、不足している栄養素を確認して補給することで、歯周病予防と同時に、心身の不調の75%は改善できる。

 

3.家系的、体質的弱点を見つけて予防改善できる。歯肉は毛細血管が多い体の末端で、循環障害を起こしやすい。それが歯周病の進行の一因となる。その改善策を公開。

 

貧血やタンパク質欠損は組織の脆弱を招くため、インプラントや矯正治療のリスクファクターとなる。造骨の成功率を上げるための方法を公開。老化によるサルコペニアやフレイルは口腔でも進行し、歯周病の憎悪や義歯の不適合を招く。その予防法を公開。

 

 

■キャンセルについて
セミナーの前日までにキャンセルのご連絡をいただければ、受講料の半額を7日以内にご返金いたします。ただし、上記の期限を超えてのキャンセルまたは無断キャンセルの場合は、返金に応じられません。あらかじめご了承ください。

 

■最少催行人数について
最少催行人数の3名に達しなかった場合には、開催が中止となる場合がございます。万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1週間前に行います。また、受講料は全額ご返金させて頂きます。ただし、中止に伴うご不便、旅費や宿泊費等の費用、その他の個人的損害について、弊社では責任を負い兼ねます。恐れ入りますが、予めご了承ください。
初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

ページトップへ戻る